ブログ運営

【小技】コピペした文章を「書式なし」「スタイルなし」でペーストする方法

投稿日:

ブログの記事を書いていく中で、Wikiなどの参照を記載するときにコピペを使うのですが

必要のない書式も一緒にペーストされるのが非常に面倒だと感じていました。

カソソソ

テキストだけコピーしたい。

余計な太文字とかとか引用は必要ない!

あなたもカソソソのように思ったことはありませんか?

今回はその解決法をご紹介します。

「書式なし」のコピペとは

「書式なし」のコピペがイメージできない方はこちらを見てください。

Wikipediaの文章をコピペしてみます。

書式あり

元の書式が維持されたままペーストされます。これが「書式あり」のペーストです。

書式なし

元の書式がなくなり、ペーストされます。これが「書式なし」のペーストです。

「書式なし」のペーストは意外にも多用するので、簡単にできるようにしておくと非常に便利です。

 

ショートカットキーで簡単に「書式なし」コピペ

ショートカットキーでコピペを使っている方にオススメです。

「書式なし」コピペのショートカットキーがあるとのことです。

Windowsの場合

まずはコピーしたい文章を「Ctrl」+「c」でコピーします。

通常のペースト方法は「Ctrl」+「v」ですが、「Ctrl」+「shift」+「v」を押すことで「書式なし」のペーストができます。

Macの場合

まずはコピーしたい文章を「Ctrl」+「c」でコピーします。

通常のペースト方法は「command」+「V」ですが、「option +「command」+「shift」+「V」を押すことで「書式なし」のペーストができます。

Macの設定変更でさらに簡単に!

Macユーザーはキーボードの設定でさらに簡単に「書式なし」コピペ設定ができます。

設定画面のキーボードの設定をします。

①ショートカットをクリック

②アプリケーションをクリック

③+をクリック

メニュータイトルに「ペーストしてスタイルを合わせる」と記載します。

スタイルを合わせるが「書式なし」にするということです。

キーボードショートカットの空欄をクリックしてから、「command」+「V」をキーボードでタイプし、最後に追加ボタンを押します。

以上で「command」+「V」で「書式なし」のペーストができるようになります。

「書式あり」でペーストしたい場合は右クリックからのペーストで通常通りできます。

カソソソ

1回設定しておくと超便利やで。

「書式なし」のペーストを多用する方は設定した方がいいですよ!

-ブログ運営

Copyright© カソソソの雲のかなたに , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.